株式会社ヤマトミ 株式会社ヤマトミトップページ 株式会社ヤマトミお問合せへ

株式会社ヤマト会社概要
ヤマトミからご挨拶・社長挨拶
ヤマトミ代表

○2017年1月1日 『石巻発のおいしさを安全な工場から全国へ』

2011年3月11日の東日本大震災で甚大な被害を受けた宮城県石巻市。
弊社も例外ではなく、工場は津波により全壊し、商品原料の流出、解凍による廃棄等、多大なる損害を受けました。
それでも従業員たちの工場再建の意欲とお取引様からの励まし、大勢のボランティア様の物心両面のご援助に背中を押されながら、一歩ずつではありますが再建への歩みを進めてきました。同時に私たちの生き甲斐で生涯をかけて自信を持って取り組める事業は、やはり今の仕事しかないと再認識させられる機会にもなりました。しかしながら、現状はまだまだ厳しく、風評被害の払拭や新たな分野への進出などの課題が山積しております。
それでも事業の復興を合い言葉に、従業員たちと力を合わせてこれまでの概念にとらわれない、斬新で新鮮なアイデアの商品も開発し、商品ラインナップも増え、確実に充実してまいりました。販路の拡大に私も含め営業部隊が奔走し、商品力と品質管理面などを精力的に訴え、徐々に成果が上がっております。その根底には、皆様への感謝の想いがあり、間違いなく日々の活力になっております。今後も弊社はなによりも安全な商品づくりを最優先にして、製造技術の向上と新たな商品の開発を行い、付加価値のつけられる商品作りで立ち止まることなく進んでいきたいと考えております。
おかげさまで、念願の第二工場も完成し、ようやく本格的に稼働できるようになりました。
生産性も格段に向上し、新たなる商品作りも始まっています。ヤマトミの「石巻発のおいしさ」をこれからも皆様にお届けしてまいります。

株式会社ヤマトミ
代表取締役 千葉雅俊

過去の社長挨拶はこちら


震災後~復旧の状況
震災後~復旧の状況

震災後~復旧の状況


ヤマトミの軌跡をまとめました。 震災から今現在の状況をご覧になられたい方はこちらをご覧ください。【PDF( 5.6Mb)】

会社概要 ヤマトミ社屋
社名 株式会社 ヤマトミ
会社所在地
食品工場
宮城県石巻市松並1丁目15番地5
TEL 0225-94-7770
FAX 0225-94-7780
第二食品工場 宮城県石巻市魚町2丁目1番地9
TEL:0225-94-7771
FAX:0225-98-8388
第一冷凍倉庫
第二冷凍倉庫
宮城県石巻市松並1丁目15番地5
宮城県石巻市松並1丁目15番地4
TEL 0225-21-5970
FAX 0225-21-5971
創業 平成4年9月1日
資本金 1,500万円
役員 代表取締役 千葉雅俊
他取締役2名監査役1名

経営理念

~経営理念~

【科学性】一、私達は、滋味を追求し、真心を込め、ありがとうの「和」を繋ぎます。

【社会性】一、私達は、地球の恵みに感謝し、「ふるさとの宝」を育み、命の絆を創造します。

【人間性】一、私達は、感謝を胸に、互いに信頼し、共に地域の未来を支える、力強い仲間です。

~科学性の説明~
「人間の身体は食べ物で出来ている」といった原点に帰り、「食」を取り扱う企業としてお客様の健康を考えることは、当然の使命であります。お客様の心と体にとって良いもの、栄養あふれる、明日への活力につながる本物の商品づくりに挑戦し、生産者から消費者まで、そしてその家族から地域まで、地域から関わる全ての方々まで、果ては、自然環境まで、ありがとうの輪で繋ぎます。

~社会性の説明~
食品を作るうえで取り扱う、海の恵みである魚介類、大地の恵みである作物、それらが育まれる根本にあるものは、山であり、川であり、雨であり、風であり、太陽であり、地球の恵みそのものです。その命の恵みをいただくことへの感謝。水産都市石巻、食材大国みやぎの豊かな食材を活かし、その限りある資源を守り、人を育て、文化を育み、自然に生かされている人間としての「生命」のつながりを、もう一度見つめなおし、創造する企業を目指します。

~人間性の説明~
私達地域住民は、東日本大震災において、自然の脅威を目の当たりにしました。数多くの悲しみを味わいましたが、それでも私達は、ふるさとに残り、自然と共生する道を選び、地域の復旧・復興に努めております。今後も私達は、地域住民として、生かされたことに感謝し、頂いた支援、その恩を忘れることなく、地域社会の未来を支える仲間として共に歩み続けます。地域社会の未来とは、地球環境そのものにもつながり、森の再生、海川の浄化、海洋資源の維持管理など、次世代が明るく元気に生きられる環境作り、街つくりにも貢献致します。

事業定義

「ありがとうを繋ぐ、ふうどメーカー」

コーポレートマーク

株式会社ヤマト会社概要

ヤマトミは「山」と「海」。石巻の自然の美味しさ、価値を届けます。 ロゴは漢字の「山」のフォルムをベースに海の波を表現した青と陸の山の緑を組み合わせました。 左から寄せる波を右の山が受け止めています。海と山の間には豊かな人々の生活があることでしょう。 カラーは初夏の光に照らされた清々しく美しい自然の青と緑を選びました。
これからのヤマトミの食を伝えるメッセージと世界に羽ばたく意思がこのロゴには込められています。

会社沿革
平成4年 9月1日 石巻魚町で(株)ヤマトミ創業
平成8年 5月 渡波工場操業開始 従業員25名
平成9年 8月 松並工場に改築移転創業開始 従業員30名
平成20年 4月 新卒者5名含む入社式(リバーサイドホテル)
平成21年 4月 新卒者2名含む入社式(リバーサイドホテル)
同年 10月 松並1-15-5に工場取得、改修後移転創業開始
同年 12月 国土交通省より営業冷凍倉庫として登録認可
同年 12月 隣地に冷凍倉庫取得、改修後翌年3月操業開始
平成22年 2月 本社・工場移転記念祝賀会開催
同年 4月 新卒者3名含む入社式(会議室)社員数(パートを含む)70名
平成23年 2月 ISO22000:2005 認証プロセス開始
平成23年 3月 東日本大震災により工場・冷凍倉庫全壊
同年 9月 他社工場の一室を借りて生産再開
同年 10月 第2冷凍倉庫改修後、営業再開
平成24年 4月 事務所・食品工場の復旧工事完了、生産再開
平成24年 9月 従業員数(パート含む)40名
平成26年 5月 コーポレートマーク制定
平成27年 2月6日 第二食品工場 落成式
平成27年 11月 FANアワード2015「食べて応援しよう!賞」受賞
平成28年 2月 第40回宮城県水産加工品品評会「水産庁長官賞」受賞
平成28年 4月 従業員数(パート含む63名)

事業内容および主力取扱商品
寿司ネタ製造 あなご、さば、いか、かれい、エンガワ、鮭、つぶ貝 他
冷凍食品製造 お弁当具材、おにぎり具材、惣菜、他
海鮮魚介類 うに、あわび、かき、めかぶ、わかめ
その他 惣菜、イカの塩辛、ボイルイカ加工、燻製

商品の販売ルート

・寿司ネタ用、惣菜用食材(商社、問屋経由) ・各回転寿司様、各スーパー様、各県生協様、各県経済連様
 ・おにぎり用具材(商社、問屋経由) ・各コンビニ様 ・各百貨店様

工場設備概要
敷地面積 7,172㎡
冷凍倉庫 3,200㎡
加工場面積 970㎡
加工場 天井・壁に全面パネル使用(クリーンルーム仕様) 空調・換気設備(室温16℃~18℃設定)
オゾン発生器による殺菌製品梱包室 空調設備 休憩室・現場事務所
機械設備 第一冷蔵庫  F級-30℃ 2室 収容能力3,000トン
第二冷蔵庫  F級-30℃ 2室 収容能力3,000トン
凍結庫、チルド庫、スチーマー、レトルト殺菌装置、ボイラー、フィレマシーン、
自動製氷装置、電解水生成装置、金属探知機、X線検査機、真空包装機、梱包器等
特殊冷風乾燥機、NaIシンチレーション検出器(放射能測定器)
原料解凍装置、循環式過熱水蒸気ロースター、過熱スチームボックス、蒲焼表裏焼目付焙焼機、トンネルフリーザー他
車両 冷凍車、普通トラック、軽トラック、4tトラック、送迎バス

アクセス 本社・工場

大きな地図で見る

第二食品工場

大きな地図で見る